人生どんな時もお金が必要ですね

私は何も資格を持っていません。だから離婚後パートでやってきました。子どもが一人いますが、やっぱりお金がかかります。

女の子なのですが、両親、その兄弟に似て、歯並びががたがた。おまけに反対交互。歯の矯正に高校三年生までかかり、車が買えるくらいお金を使いました。

歯の矯正始めるのにちょうどよい年齢がありますから、待ったなしです。幸いローンと言う手がありましたから、ローンを組んで払いました。

だって無いものは無いんですもの。もちろん私だって、掛け持ちで働きました。「休んだ人の代わりに出勤してほしい」と言われれば、休み返上で働き、代休はもらいませんでした。

お金を1円でも多く稼ぎたかったので、一時間でも多く働きたかったのです。パートは時給が安いため、働く時間で勝負するしかないですもの。

お金お金と、お金を求めて働きましたが、やっぱりお金って仕事をする上ですごいモチベーションになりますよね。頭も悪いし、何か特技があるわけでもない、平凡なおばさんなので、お金が欲しければ、せっせと地道に働くしかないんですよね。

現在は高校が授業料が無償になっていて、娘もその恩恵にあずかりましたが、でもそれ以外にもかかるんですよね。高校入学の際、制服、ジャージ、靴、教科書・・・。お金がすごい勢いで飛んでいき、思わず眩暈でした。

頑張って少しずつためてあった貯蓄でまかないました。本当に子どもにかかる費用は、待ったなしです。大学に進学する時は、結局お金を借りました。こちらで⇒≪学費を借りる

子どもに返済させるのは、かわいそうとも思いますが、無いものは無いんです。どうしようもありませんでした。人生、お金が無いとみじめです。幸い両親が、援助をしてくれたので、奨学金と合わせて、何とか進学させることが出来ました。

娘は国家資格を取りますので、母親のような、お金に困った人生は送らないでしょう。大学に進学させたので、現在私の貯金は、すっからかんです。

将来は間違いなく生活保護でしょう。お金のために頑張りましたが、わたしの頑張りもここまででした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

繰り上げ返済も検討する

これから低金利カードローンを利用するという人が悩むことになるのが毎月の返済額をいくらにするかということです。

低金利カードローンの返済はなるべく毎月の返済額を多めにして返済期間を短くした方が支払う利息も少なくなりますが、あまり返済額を多くしてしまって返済することが難しくなってしまっては意味がありません。

そこで、ある程度余裕をもって毎月の返済額を設定するというのが基本となるのですが、いざ返済を開始したらもう少し多めに返済にまわせそうだということもあると思います。

また、余計な支出を減らす努力などのおかげで余裕資金が出来たという人も出てくると思います。そういった場合は、無理のない範囲で繰り上げ返済を検討してみることをおすすめします。

繰り上げ返済というのは、返済中に余裕資金が出来た場合にその資金を返済にあてて、前倒し返済するというものです。

繰り上げ返済には残りの借金を全て一括で返済する全額繰り上げ返済と一部の借金を返済する一部繰り上げ返済があります。

繰り上げ返済を行うことで元金を減らすことになり、もともと支払う予定だった利息分の負担を軽減することができますし、返済期間を短縮することが出来るので、精神的負担も軽減することが出来るというのも大きなメリットと言えるでしょう。

繰り上げ返済を行なう人の多くは一部繰り上げ返済を利用することになると思います。一部繰り上げ返済なら出来そうだという場合は積極的に検討してみるべきだと思います。

 

返済計画を立てる際の心得を知る

これから低金利カードローンを利用するという人は、返済で失敗しないためにも利用する前にしっかりと返済計画を立てるということが欠かせません。

特に学生の方など、若い方がキャッシング利用する際は注意が必要です。(http://xn--nckgu1cyjxd3537af9zb.jp/

また、返済計画を立てる際の心構えによっても返済計画の立て方が変わってくるので、心構えも非常に重要です。

しかし、初めて低金利カードローンを利用するという人であれば、返済計画を立てていけばよいのか分からないということや、どのような心構えをもてば良いのかわからないという人も多いと思います。

まず、心得に関してですが、絶対に完済するという強い意思を持つことが何より大切です。

当たり前のことだと思うかもしれませんが、この意思が弱いとまた新たに借り入れしてしまったり、返済計画通りに行えなかったりするものです。

自分は意思が弱い方なので自信がないという人は、信頼できる人に宣言をして後には退けない状況をつくるというのも一つの方法だと思います。

キャッシング機能のついたクレジットカードを持っていてついつい使ってしまいそうだという人であれば、カードを処分するくらいの気持ちで返済にのぞんでいくべきだと思います。

また、返済計画を立てる時は少しでも早く完済するような計画を立てるということも大切です。返済期間が短くなればそれだけ支払う利息も少なくなります。

毎月の返済額を少なくすると毎月の返済は楽になりますが、支払う利息は多くなりますし、返済期間が長いと返済するモチベーションの維持も難しくなります。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする